1. 保育年齢は遊び年齢
幼児期は遊びから総てが始まります。
一人遊びからご両親、ご近所のお子様、保育園等の集団遊びなど、環境に応じたステージ毎に遊びから様々なことを学びます。
とくに集団でのお遊びでは、お友達と遊ぶために「気遣い」「思いやり」「我ままの抑制」を独りでに学んでいきます。
私たち保育スタッフはこの「遊び時間」を大切に考え、遊びを通して保育いたします。
2. お子様の躾け
日常生活における躾けは、団体生活の利点を使ってお教えします。
例えばお食事の挨拶「いただきます。」「ごちそうさま。」などは、一人ではなかなか言えなくても、
お友達と一緒だと簡単に言えるようになります。
先生:「手はひざの上ですよ。では皆さんご一緒に。いただきます。」
   と言って先生がお辞儀をすると、
お子様方:「いただきます。」
   と言って皆でお辞儀を返してくれます。
3. サンライズは常にサービスの向上に心掛けてまいります。
お子様が楽しく園生活を過ごせるよう、四季折々の園内行事や社会見学などを実施
したり、設備や雰囲気つくりにも工夫を凝らしてまいります。
また、ご父兄様の事情に応じた保育プログラムを作成し、臨機応変に対応してまいります。(時間・曜日・料金等)